岸和田市で任意売却の数年後に残債を一括請求され自己破産したケース

〔相談前状況〕

 Nさんは離婚することになり自宅を任意売却されました。住宅ローンの残債は1000万円ありましたが、債権回収会社(サービサー)との話し合いで毎月1万円を支払うことに決まりました。しかし、5年ほど支払いを継続した頃、突然、債権回収会社から損害金を含め2000万円を一括で支払えとの通知が届きました。当然、Nさんに支払える金額ではなかったので、先方と何度も交渉した結果、元金の1割である100万円を一括で支払えるのであれば残りは放棄するとの提案がありました。しかし、Nさんにはその金額も用意することができなかったため、どうすることもできないでいると、債権回収会社より訴訟を提起されてしまいました。

〔解決方法〕

Nさんは再婚しており、自宅等の財産はすべてご主人名義であったため、自己破産をしてもNさんにデメリットはほとんどありませんでした。そのためNさんの取るべき方針は自己破産以外にありませんでした。

〔解決後状況〕

任意売却直後、債権回収会社へ自己破産する旨を伝えた際、毎月1万円の支払いでいいので自己破産しないで欲しいとお願いされたため、Nさんは5年もの間、支払いを続けてきました。しかし、今回、このような経緯で自己破産をすることになってしまい、5年前に自己破産しておけばよかったと後悔されていました。ただ、破産することに申し訳ない気持ちもあったため、この5年間で債権者に対して一定の誠意は見せることができたのではないかと、結果には納得されたようでした。

 

    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • 大切なマイホームを手放したくない・・・

    住宅ローン返済で困っている方へ

    • 大切なマイホームを守りたい!
    • 住宅ローンを滞納している
    • 信頼できる法律家に相談したい
    • 競売は避けたい・・・

    解決法はこちら

  • 借金問題の無料相談会受付中!|TEL:0120-079-077 受付時間:9:00-19:00 土日祝日対応可(要相談)9:00~20:00|ご相談から解決までの流れはこちら