【岸和田市で生命保険を守るため自己破産ではなく個人再生を選択したケース】

〔相談前状況〕

 Yさんは転職や離婚等も重なり住宅ローンの支払いが困難となったため、銀行の勧めで任意売却の手続きを取っていました。その後、任意売却後の残債について何らの手続きもしていなかったため、その債権を譲り受けた債権回収会社から厳しい取り立ての連絡が入るようになっていました。残債の額も700万円を超えていたため、自己破産で決まりかと思いましたが、長年払い続けている生命保険があり、年齢的にも解約するには抵抗があるようでした。

〔解決方法〕

 保険の解約返戻金の合計額が200万円を超えており、自己破産をすればすべて解約することになる可能性がありました。一方で個人再生を選択すると、負債の5分の1に相当する額を保険の解約返戻金等の財産価値が上回ってしまうため、計画返済額が200万円を超えることになる可能性がありました。そこで、Yさんは保険を解約して一から保険に入り直す場合と、このまま保険を維持した場合とで将来的にどちらが有利になるかを保険会社とも相談した結果、個人再生において200万円の返済をしてでも、保険を維持した方がメリットは大きいという結論に至りました。

〔解決後状況〕

Yさんのお父様がYさんの住宅ローン2口の内、1口について保証人となっていたため自宅を差押えされていました。そのため、お父様は自宅を守るためご自身の生命保険を解約して返済し、残りの1口については今回、Yさんが個人再生の手続きをしたという経緯がありました。そのためYさんはお父様に迷惑をかけてしまったという思いが強かったようで、3年の計画返済も大変だが、「年金暮らしの両親の面倒だけはしっかり見ていかないとね。」「身が引き締まる思いです。」という話をされていました。

    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • 大切なマイホームを手放したくない・・・

    住宅ローン返済で困っている方へ

    • 大切なマイホームを守りたい!
    • 住宅ローンを滞納している
    • 信頼できる法律家に相談したい
    • 競売は避けたい・・・

    解決法はこちら

  • 借金問題の無料相談会受付中!|TEL:0120-079-077 受付時間:9:00-19:00 土日祝日対応可(要相談)9:00~20:00|ご相談から解決までの流れはこちら