【貝塚市で元夫の住宅ローンの保証債務が原因で自己破産したケース】

〔相談前状況〕

 Sさんは元夫の住宅ローンの連帯保証人になっていました。離婚後、住宅ローンは元夫が支払い続けており、Sさんは離婚により連帯保証人から外れていると思っていたようでした。しかし、元夫が自己破産の申立をした関係で連帯保証人であるSさんに債権者から支払いを催促する書面が届きました。そのため、Sさんは慌てて相談に来られました。

 

〔解決方法〕

 Sさん個人としては銀行のカードローンで40万円ほどの負債があったが、返済に困ることはない状態でした。しかし、住宅ローンの保証債務として数百万円の請求がされると、離婚後、パートで生計を立てているSさんに残された道は自己破産以外にありませんでした。

 

〔解決後状況〕

Sさんは無事に免責決定が出ましたが、Sさんのお母様が同様に連帯保証人となっていました。そのため、本来であればお母様も一緒に自己破産を検討するところだったのですが、お母様はご主人から相続した自宅を所有していたため、自己破産はしない方針でした。お母様は老後のために蓄えていた預金から返済するようでしたが、その額は不動産の処分(任意売却か競売)の結果次第で決まるとのことです。出来るだけ高値で処分されSさんのお母様の負担が軽くなることを願うばかりです。

    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • 大切なマイホームを手放したくない・・・

    住宅ローン返済で困っている方へ

    • 大切なマイホームを守りたい!
    • 住宅ローンを滞納している
    • 信頼できる法律家に相談したい
    • 競売は避けたい・・・

    解決法はこちら

  • 借金問題の無料相談会受付中!|TEL:0120-079-077 受付時間:9:00-19:00 土日祝日対応可(要相談)9:00~20:00|ご相談から解決までの流れはこちら