岸和田市で国金への返済が重荷で膨れた借金を自己破産によって解決したケース

〔相談前状況〕

Aさんは、父親が自営業で収入が不安定だったため、大学進学の際に国金の教育ローンを利用して、入学金と4年間の授業料のために約500万円を借り入れました。
大学卒業後、一般企業に就職して返済を続けてきましたが、内気な性格が災いして仕事が長続きせず、職を転々とするうちに、徐々に返済に窮するようになりました。
国金への返済資金を捻出するために、サラ金にも手を出してしまい、借金が雪だるま式に膨れあがってしまいました。

 

〔解決方法〕

相談に来られたときは、仕事を辞めて失業保険を受給中で、翌月には打ち切りになるところでした。サラ金からの借入期間が短いため過払い金は見込めなかったので、破産するほか方法はありませんでした。
自己破産の手続を進めると同時に、Aさんを励まして、就職活動に力を注いでもらいました。

 

〔解決後状況〕

免責決定が出た頃には、Aさんは就職し、仕事も長続きしているようです。借金がなくなって気が晴れたのか、内気な性格も外向的になったようです。

    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • 大切なマイホームを手放したくない・・・

    住宅ローン返済で困っている方へ

    • 大切なマイホームを守りたい!
    • 住宅ローンを滞納している
    • 信頼できる法律家に相談したい
    • 競売は避けたい・・・

    解決法はこちら

  • 借金問題の無料相談会受付中!|TEL:0120-079-077 受付時間:9:00-19:00 土日祝日対応可(要相談)9:00~20:00|ご相談から解決までの流れはこちら