泉佐野市でリストラ後、自宅が競売にかけられ自己破産をしたケース

〔相談前状況〕

ご両親と同居するために住宅ローンを組んでマイホームを購入したSさんですが、生活費を折半していたお父様が他界したことで生活費が不足し、消費者金融から借金を繰り返すようになっていました。そんな状況に追い打ちをかけるようにSさんはリストラにあってしまい、とうとう自宅を競売にかけられてしまいました。そしてSさんには住宅ローンの残債務900万円と消費者金融からの借入200万円だけが残りました。

 

〔解決方法〕

自宅や車といった財産もなく、仕事も契約社員で不安定な状況であったため、Sさんが取るべき方針は自己破産で即決かと思われました。しかし、Sさんは借りたお金は返すという意志を強く持たれており、自己破産に対しても誤った認識をお持ちのようでした。そこで、自己破産への誤解や不安が解消されるよう事例を交えながら丁寧に説明し、Sさん納得のうえで自己破産の申立に至りました。

 

〔解決後状況〕

Sさんはご両親に依存し、自立できていないといった印象がありました。しかし、免責決定後は、働きながら高齢になったお母様の面倒をSさん一人で見ることもできないということで思い切ってお母様を施設へ入所させたそうです。Sさんは今回の自己破産をきっかけに借金以外の別の意味でも人生の再出発をすることができたのではないでしょうか。

    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • 大切なマイホームを手放したくない・・・

    住宅ローン返済で困っている方へ

    • 大切なマイホームを守りたい!
    • 住宅ローンを滞納している
    • 信頼できる法律家に相談したい
    • 競売は避けたい・・・

    解決法はこちら

  • 借金問題の無料相談会受付中!|TEL:0120-079-077 受付時間:9:00-19:00 土日祝日対応可(要相談)9:00~20:00|ご相談から解決までの流れはこちら