住宅ローンの支払いが滞り、任意売却後、自己破産をしたケース

〔相談前状況〕

Eさんは、運転免許の取消しによる影響で収入が減ってしまい、住宅ローンの支払い苦から自宅の売却を検討されていました。離婚後、一人暮らしであったため、自宅を売却することに抵抗はなかったEさんですが、自宅売却後も住宅ローンの債務が400万円も残ってしまい、生活費不足を補うために利用していたカードローンの借金も100万円に膨れあがっていました。そのため、自宅の売却後も借金苦の状況は続くと予想されました。

 

〔解決方法〕

自宅の任意売却の手続きがスムーズに進み、引越後の賃料が住宅ローンの支払いより4万円安くなったため、支払い不能という自己破産の要件を満たすかが問題でした。そこで家計簿をつけていただいたところ、食費による支出が高額である点が浪費と判断される可能性もありましたが、本人の希望もあり自己破産の手続きに踏み切りました。

 

〔解決後状況〕

裁判所から一人暮らしで月に10万円近い食費は免責不許可事由に該当する浪費だという指摘を受けましたが、本人直筆の反省文を提出することにより無事に免責を認めもらうことができました。Eさんは反省文の中で一番の楽しみである晩酌のお酒を減らすと宣言されておりましたが、そのとおり実践されていることを願うばかりです。

 


    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • 大切なマイホームを手放したくない・・・

    住宅ローン返済で困っている方へ

    • 大切なマイホームを守りたい!
    • 住宅ローンを滞納している
    • 信頼できる法律家に相談したい
    • 競売は避けたい・・・

    解決法はこちら

  • 借金問題の無料相談会受付中!|TEL:0120-079-077 受付時間:9:00-19:00 土日祝日対応可(要相談)9:00~20:00|ご相談から解決までの流れはこちら