【岸和田市でカードローンが原因で自己破産したケース】

〔相談前状況〕

 ある会社の正社員として順調に人生を歩んでいたNさん。住宅も購入し何不自由ない生活を享受していました。しかし、数年前から、会社の業績が悪化しボーナスの支給が打ち切られ一年前には会社を離職せざるを得ない状況となり、遂にはカードローンに手を染めるまでに至りました。

 

〔解決方法〕

 Nさんの場合、職を転々とせざるを得なかった関係上収入が不安定で民事再生や任意整理の方法を取ることがでず、破産が現実的な選択肢でした。その為、費用負担の少ない方法として、唯一の資産である住宅を任意売却し破産の申立て及び同時廃止の方法を選択しました。

 

〔解決後状況〕

 破産により債務の免責を受け、弁済を免れたNさん。Nさん曰く、「独身で一人暮らしだったこともあり、精神的に解放さました。職場に破産の事実が知れ渡ったわけではなく、新しい職場で信頼を得て、生き生きと仕事に勤しんでいる」ということです。

    • 事務所紹介
    • スタッフ紹介
    • お客様の声
    • 料金表
    • アクセスマップ
    • 解決事例
  • 大切なマイホームを手放したくない・・・

    住宅ローン返済で困っている方へ

    • 大切なマイホームを守りたい!
    • 住宅ローンを滞納している
    • 信頼できる法律家に相談したい
    • 競売は避けたい・・・

    解決法はこちら

  • 借金問題の無料相談会受付中!|TEL:0120-079-077 受付時間:9:00-19:00 土日祝日対応可(要相談)9:00~20:00|ご相談から解決までの流れはこちら